持つべきは、よく出来た母

陥没乳頭を知ってますかね。
男性は知らない?とも思ったけど、字で分かるよね(笑)。

私がそうなんですけど、私、これに関しては波があって、なんとかしたい→どうでもいっか…が年単位という長いスパンで到来する。

ある日いきなり切り替わる訳ではなく、少しずつ気持ちが盛り上がる?そんな感じ。

それで、なんとかしたい波が次第に大きくなったある日、用事があって実家に行って、そのまま泊まることになった(普段は一人暮し)。

その実家のお風呂上がりに、自分の胸を見ながらタメ息をついた、らしい(私に記憶はない)。

母親だから私の体のことは知っていたけど、どうでもいっか波の時しか知らないか、なんとかしたい波の時でもあからさまに悩んでた訳じゃないからな。

私自身がいつ意識しだしたかはイマイチ分からない。
多分中学終わりくらい、だったと思う。
最初の数年はどうでもいっか以前の「ん?ああそっか」状態で。

話を戻して、私が悩んでた(かどうかは不明)ところを母親に見られ、母なりに陥没乳頭を改善する方法を調べたらしい。

で、手術はどうかと言ってきた。

流石に手術を勧められるとは思わなかった。
母いわく「手術以外の方法もあるがやっぱり時間がかかる。そもそも重い?重症?だと手術しかない」
じゃあいっそのこと…らしい。

私のタメ息つく姿(相変わらず記憶にない)を見てられない、と言われ軽く感動しながらも「お金もったいないよ」と辞退しようとしたら、スマホの画像を見せてきた。

数年前の当たり宝くじの画像。百万円なり(その場で調べたらその通りだった、もち換金済み)。

ちなみに父は知ってて、自由に使っていいと言われたが、使わずそのままに。

私が知らないのは、当時アイドルか何かに猛烈にハマってて、知らせたら使われかねなかったから(あー、記憶ありあり。知ったら確かに…)。

こういった正当な使い方(陥没乳頭を改善する方法)なら全然構わない…とのこと。
いい親を持ちました。
残りくれないかな、と考える私は愚娘でしょうか?